2017/03/13
セキュリティ

トレンドマイクロ、Wi-Fiの通信を暗号化するスマホ・タブレット向けアプリ

トレンドマイクロはWi-Fi(無線LAN)の通信を暗号化するスマートフォン(スマホ)とタブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売した。価格は1年版ライセンスが2900円(税込)、2年版ライセンスは同5000円(同)。Android版はGoogle Play、iOS版はApp Storeで購入できる。

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

ユーザーがWi-Fi利用時に、スマホなどから「フリーWi-Fiプロテクション」のインフラに接続することで、Wi-Fiのアクセスポイントの通信がVPN(仮想私設網)で暗号化。第三者から通信を傍受されることやデータの情報漏えいを防ぐ。トレンドマイクロでは通信を暗号化していない安全性が低い無料Wi-Fiの接続時や、ユーザーが指定したWi-Fiの接続などでの利用を想定している。

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

アプリのインフラはトレンドマイクロのクラウドを使ったセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」に連携しており、インターネットを利用時にフィッシング詐欺サイトや偽サイトなど、不正サイトへアクセスすることをブロックする。ただし、対象はHTTPを使ったウェブサイトに限られる。

トレンドマイクロでは、無料Wi-Fiでは正規の事業者が提供する安全性の高いサービスのほかに、通信を暗号化していない安全性の低いサービスやサイバー犯罪者が設置した無料Wi-Fiなどが混在し、利用者がそれらの安全性を接続前に確認するのは非常に難しい状況にあると指摘。同社ではアプリを使えば安全性の低い無料Wi-Fiのアクセスポイントに接続した場合でも、通信を暗号化できるため通信の盗み見や情報漏えいのリスクを低減できるという。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/04/26
ビジネス戦略セキュリティ

「セキュリティ室」新設から見えたサイボウズ流セキュリティマネジメントとは?

「セキュリティ室」新設から見えたサイボウズ流セキュリティマネジメントとは?
サイボウズは2017年1月、同社のセキュリティマネジメント全般を担うセキュリティ室を新設した。新たな部署は情報システム部門などと連携し全社のセキュリティ確保に目を光らせている。なぜサイボウズは独立したセキュリティ部署を設けたのか。その経緯と現在の取り組みをセキュリティ室の伊藤彰嗣氏に聞いた。
2017/04/25
セキュリティ

ISOG-J、脆弱性の手動診断用に「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開

ISOG-J、脆弱性の手動診断用に「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、配下の日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)がOWASP Japanと共同で「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開したと発表した。
2017/04/21
セキュリティ

カスペルスキー、機械学習を活用しITインフラ全体を監視できるソリューションを発表

カスペルスキー、機械学習を活用しITインフラ全体を監視できるソリューションを発表
カスペルスキーは、機械学習を活用し、組織のITインフラ全体を監視し、高度な標的型攻撃などのサイバー攻撃を見つけ出すセキュリティソリューション「Kaspersky Anti Targeted Attack Platform(KATA)」の提供を開始したと発表した。