2017/03/13
セキュリティ

トレンドマイクロ、Wi-Fiの通信を暗号化するスマホ・タブレット向けアプリ

トレンドマイクロはWi-Fi(無線LAN)の通信を暗号化するスマートフォン(スマホ)とタブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発売した。価格は1年版ライセンスが2900円(税込)、2年版ライセンスは同5000円(同)。Android版はGoogle Play、iOS版はApp Storeで購入できる。

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

(左)メイン画面(iOS版) (右)通信暗号化設定画面(iOS版)

ユーザーがWi-Fi利用時に、スマホなどから「フリーWi-Fiプロテクション」のインフラに接続することで、Wi-Fiのアクセスポイントの通信がVPN(仮想私設網)で暗号化。第三者から通信を傍受されることやデータの情報漏えいを防ぐ。トレンドマイクロでは通信を暗号化していない安全性が低い無料Wi-Fiの接続時や、ユーザーが指定したWi-Fiの接続などでの利用を想定している。

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

アプリのインフラはトレンドマイクロのクラウドを使ったセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」に連携しており、インターネットを利用時にフィッシング詐欺サイトや偽サイトなど、不正サイトへアクセスすることをブロックする。ただし、対象はHTTPを使ったウェブサイトに限られる。

トレンドマイクロでは、無料Wi-Fiでは正規の事業者が提供する安全性の高いサービスのほかに、通信を暗号化していない安全性の低いサービスやサイバー犯罪者が設置した無料Wi-Fiなどが混在し、利用者がそれらの安全性を接続前に確認するのは非常に難しい状況にあると指摘。同社ではアプリを使えば安全性の低い無料Wi-Fiのアクセスポイントに接続した場合でも、通信を暗号化できるため通信の盗み見や情報漏えいのリスクを低減できるという。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/06/16
セキュリティ

1万ダウンロード突破のセキュリティ本「セキュリティ 7つの習慣」をMOTEXが作った意義

1万ダウンロード突破のセキュリティ本「セキュリティ 7つの習慣」をMOTEXが作った意義
IT資産管理・情報漏えい対策ツールを手がけるエムオーテックス(MOTEX)が制作したセキュリティ読本が人気を集めている。セキュリティについて7つの要点でまとめられた本は分かりやすい文とイラスト、無料PDF配布もあって、提供3か月で1万ダウンロードを突破した。なぜ、MOTEXは無料セキュリティ読本を作ったのか。その理由を聞いた。
2017/06/08
セキュリティ

【新人向け実戦情報セキュリティ講座】ダークウェブをご存じですか?

【新人向け実戦情報セキュリティ講座】ダークウェブをご存じですか?
SF映画の「スターウォーズ」といえばフォースのライトサイド(光明面)を使うジュダイの騎士とダークサイド(暗黒面)に魅入られたシスの暗黒卿との戦いです。フォースにライトサイドとダークサイドがあるようにインターネットにも光と闇があります。今月はその闇の部分「ダークウェブ」についての話です。
2017/05/18
セキュリティ

検知日数は短縮の一方、攻撃Gの手口は高度化 ファイア・アイが最新セキュリティレポート発表

検知日数は短縮の一方、攻撃Gの手口は高度化 ファイア・アイが最新セキュリティレポート発表
セキュリティベンダーのファイア・アイは、年次で発行しているセキュリティレポート「M-Trends 2017」を発表した。レポートは日本を含むアジア太平洋、欧州、中東、アフリカ地域のサイバー攻撃について調査した統計情報。同社では攻撃グループの高度化が進んでおり、特に金融系を攻撃するグループではその傾向が顕著としている。