2017/06/14
ビッグデータ

国内ビッグデータ・アナリティクスソフト市場、2021年には3419億円に拡大 IDCが予測

IDC Japanは、国内のビッグデータとアナリティクスソフト市場の調査結果を発表した。調査によると、2016年の市場規模は2282億6000万円で、前年比8%の成長率だった。今後は年平均成長率が8・4%で成長し、2021年には3419億800万円の市場規模になると予測している。

IDCではビッグデータ、アナリティクスソフト市場を、「分析情報管理・統合基盤」「BI(ビジネスインテリジェンス)・分析ツール」「パフォーマンス管理・アナリティクスアプリケーション」と3つの中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行った。

2016年の国内ビッグデータとアナリティクスソフト市場については、クラウド型のDWH(データウェアハウス)ソリューションが好調な一方、オンプレミス型の製品で大型の導入が続いたことが要因となり、それが高い成長率につながったと分析している。

今後の市場予測については、2021年までにビッグデータとアナリティクスソフトの投資が業務改善から、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対象が移行し、Hadoop(ハドゥープ)などの分散処理基盤やコグニティブ(認知)・AI(人口知能)システム基盤、コンティニュアス(継続)アナリティクスソフトなどがけん引し、市場を拡大するとしている。

また、オンプレミスとパブリッククラウドが混在したデータアナリティクス環境が一般化し、システム間での可搬性をガバナンスとセキュリティを保った上で実現することが必要になってくると分析。ITのハードやサービス会社には、ハイブリッドクラウド環境を前提にデータのライフサイクルを管理し、品質を担保するデータ管理の仕組みを提供していくことが求められるとみている。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/06/13
ビジネス戦略

一人情シスの8割が業務を兼任 「兼任型」は3タイプあることが明らかに ノークリサーチ調査

一人情シスの8割が業務を兼任 「兼任型」は3タイプあることが明らかに ノークリサーチ調査
ノークリサーチ(東京・足立)は、企業の一人情シスについての調査結果をまとめた。調査によると、全体の3割が一人情シスに該当し、その中で、ほかの業務も兼務する「兼任型」が8割超を占めることが分かった。また、兼任型の一人情シスではITへの支出形態によって「類型」があることも明らかになった。
2017/06/06
セキュリティ

国内セキュリティ市場、東京五輪のインフラ攻撃防御などを背景に2020年まで拡大 IDC予測

国内セキュリティ市場、東京五輪のインフラ攻撃防御などを背景に2020年まで拡大 IDC予測
IDC Japanは、2016~2021年の国内セキュリティ市場予測を発表した。調査によると、16年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.1%増の2839億円で、21年には3477億円に拡大。セキュリティサービス市場規模は前年比成長率5.1%の7190億円で、21年には9434億円に拡大するとしている。
2017/05/29
ビジネス戦略

デル、中堅企業のバックアップ動向調査を発表 一人情シスの95%が予算拡充に強い意欲

デル、中堅企業のバックアップ動向調査を発表 一人情シスの95%が予算拡充に強い意欲
デルは、メディア向け説明会を開催し、一人情シスを主眼とした中堅企業のバックアップ動向についての調査を発表した。調査によると一人情シスの95.7%が予算の拡充を考えており、バックアップの環境を見直す意向が強いことが分かった。また、調査した企業全体でも91.5%の企業が予算の現状維持か増加を考えていることも明らかになった。