2017/03/16
クラウド

国内データセンターの投資が加速 クラウド、AI、ディープラーニング需要で IDC調査

IDCジャパンは国内事業者のデータセンター(DC)の延床面積予測を発表した。同社によると2016年末の国内事業者のDC延床面積は203万3540平方メートル。2021年末には220万319平方メートルに達すると予測しており、2016年~2021年で年間平均成長率に換算すると、年1.6%で増加するという。

国内事業者データセンター延床面積予測(16年は実績値、17年以降は予測、出典:IDCジャパン)

国内事業者データセンター延床面積予測(16年は実績値、17年以降は予測、出典:IDCジャパン)

同社では2016年3月に同様の予測を発表していたが、今回、予測を見直し、上方修正した。去年の予測では、建設コストの高騰でDCへの投資は手控えが起こると見ていたが、2015年後半からDCの建設コストが緩やかな下降傾向にあり、新設や増設に対し積極的に投資するDC事業者が増えていることが理由としている。

また、DC事業者がDCの新設や増設を行う背景には、クラウドサービス向けに大規模なDC需要の増加があるという。クラウドサービスの基盤には、大量の電力供給や空調能力、大容量ネットワークインフラ、大容量IT機器を支えるための床構造を備えた設備が不可欠になる。そのため、従来の設備では対応できずにDC事業者が新築や増築を行っていると同社では見ている。

また、人工知能(AI)やディープラーニング(深層学習)といった新たな技術を利用したサービスをクラウドで提供しようとする事業者が増えていることもDC事業者の設備投資を加速させる一因になっているという。AIやディープラーニングの演算処理ではサーバー1台あたりの消費電力が大きくなり、従来の設備では対応できないため、新たな設備の投資を後押ししているとしている。調査はITベンダー、ITサービス事業者、通信事業者、クラウドサービス事業者などが国内に所有するDC建物の延床面積を合計した。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/04/17
ビジネス戦略モバイル

企業の情報化投資、タブレット、スマホ、ガラケーの導入率は約6割に GfKジャパン調べ

企業の情報化投資、タブレット、スマホ、ガラケーの導入率は約6割に GfKジャパン調べ
マーケティングリサーチ会社のGfKジャパン(東京、中野)は、企業の情報化投資の調査結果を発表した。調査によると、企業でのタブレット端末、スマートフォン(スマホ)、フィーチャーフォン(ガラケー)の導入率は約6割だった。また、「在宅勤務」などの新しい働き方の増加で、Web接続カメラの導入が増加する見込みとしている。
2017/04/13
IoT

国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査

国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査
矢野経済研究所は、国内のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年度の市場規模は事業者売上高ベースで1610億円。2016年度は事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)のビジネス拡大や中堅企業の利用促進を背景に前年度比106.2%の1710億円、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。
2017/04/11
IoT

IoT向けの国内ITサービス市場支出額、2021年には6670億円に IDCが市場予測

IoT向けの国内ITサービス市場支出額、2021年には6670億円に IDCが市場予測
IDCジャパンは、IoT(モノのインターネット)向けの国内ITサービス市場の予測を発表した。調査によると、2016年の支出額は前年比96.9%増の548億円で、2016~2021年の年間平均成長率は64.8%となり、2021年の支出額は6670億円になる見込み。