2017/03/14
クラウド

2016年のパブリッククラウド市場は3762億円、21年は1兆円規模に拡大 IDCが予測

IT調査会社のIDCジャパンは、国内のパブリッククラウドサービスの市場予測を発表した。同社によると2016年の市場規模は、前年比30.5%増の3762億円と推定。2021年には市場規模が1兆円を超えると予測している。

国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測、2016年~2021年(17~21年は予測値、出典:IDCジャパン)

国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測、2016年~2021年(17~21年は予測値、出典:IDCジャパン)

同社では国内市場でシステム更新を契機として、従来型のITシステムからクラウドへの移行が進んでいると見ており、メールや会議アプリなどのコラボレーティブアプリケーションでSaaS(サース、Software as a Service)、ERM(エンタープライズ・リスクマネジメント)のアプリケーションもクラウドの利用が顕著と分析。Web系システムでもIaaS/PaaSが重要な選択肢となっているという。

また、2016年の国内パブリッククラウドサービス市場は成長が鈍化したと指摘。一方で、鈍化傾向は短期的で、2020年からは前年比で成長率が再び上昇すると見ている。理由として国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを挙げている。具体的には、「コグニティブ/AIシステム」「機械学習」「IoTプラットフォーム」というDXを支援する技術や従量課金、拡張性というサービスの特徴によって、需要が拡大していることがあるという。

さらに、DXではシステム間の連携が重要となるため、従来型のITシステムからクラウドへの移行が促進されると見ており、これが市場の新たな成長期を創出し、2020年に成長率の再上昇に導くとしている。

同社では、IT・ビジネスの効率化を目的としたパブリッククラウドサービスに対する需要も堅調に推移すると分析。その結果、DXとIT・ビジネスの効率化が両輪となり、2021年の国内のパブリッククラウドサービス市場規模は、2016年比で2.8倍の1兆538億円になると予測している。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/06/14
ビッグデータ

国内ビッグデータ・アナリティクスソフト市場、2021年には3419億円に拡大 IDCが予測

国内ビッグデータ・アナリティクスソフト市場、2021年には3419億円に拡大 IDCが予測
IDC Japanは、国内のビッグデータとアナリティクスソフト市場の調査結果を発表した。調査によると、2016年の市場規模は2282億6000万円で、前年比8%の成長率だった。今後は年平均成長率が8・4%で成長し、2021年には3419億800万円の市場規模になると予測している。
2017/06/13
ビジネス戦略

一人情シスの8割が業務を兼任 「兼任型」は3タイプあることが明らかに ノークリサーチ調査

一人情シスの8割が業務を兼任 「兼任型」は3タイプあることが明らかに ノークリサーチ調査
ノークリサーチ(東京・足立)は、企業の一人情シスについての調査結果をまとめた。調査によると、全体の3割が一人情シスに該当し、その中で、ほかの業務も兼務する「兼任型」が8割超を占めることが分かった。また、兼任型の一人情シスではITへの支出形態によって「類型」があることも明らかになった。
2017/06/06
セキュリティ

国内セキュリティ市場、東京五輪のインフラ攻撃防御などを背景に2020年まで拡大 IDC予測

国内セキュリティ市場、東京五輪のインフラ攻撃防御などを背景に2020年まで拡大 IDC予測
IDC Japanは、2016~2021年の国内セキュリティ市場予測を発表した。調査によると、16年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.1%増の2839億円で、21年には3477億円に拡大。セキュリティサービス市場規模は前年比成長率5.1%の7190億円で、21年には9434億円に拡大するとしている。