2017/01/05
ネットワーク・サーバー

PCサーバー、2016年度上期の出荷台数は9.5%減の約21万台に――ノークリサーチ調査

同社によると台数の減少については、上期はPCサーバー市場を押し上げる目立った要因が少なかったことと、大型案件も少なかったことが背景にあると分析。そのため全体では減少になったとしている。

国内PCサーバー市場の推移(出荷台数)

国内PCサーバー市場の推移(出荷台数)

また、クラウドへの移行や仮想化、集約化の潮流が明確化し、PCサーバーの設置台数の減少が続いているなか、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などで、新たなPCサーバー需要の期待が高まっているが、市場へ具体的な実績には結びついていないとしている。

一方、出荷金額は前年同期比で93.5%の1407億円だった。仮想化、集約化でHDD(ハードディスク)、SSDやメモリを多く搭載したサーバーが増え、平均単価が高くなる傾向が続いているため、台数に比べ落ち込みは低かったとしている。

サーバーの形状別では、タワーサーバーは7万4650台で前年同期比92.5%、ラックサーバーが12万9745台で、同94.6%といずれも減少。ブレードサーバーは8500台、前年同期比で48.8%と大幅減となった。

PCサーバー形状別構成比(出荷台数)

PCサーバー形状別構成比(出荷台数)

メーカー別のシェアは、1位がNECで25.2%、2位が富士通で24.5%、3位が日本HP(ヒューレット・パッカード)で18%、4位がデルで11.1%、5位が日立製作所で6.5%、6位がレノボ(日本IBM)で4.5%だった。

2016年度の見通しについては、出荷台数は44万5995台と、前年度に引き続き減少傾向が続くと予測。背景にはPCサーバーの仮想化、集約化の動きが続いていることがあると分析している。そのため、2016年度下期は上期より減少幅は緩やかになるが、減少自体は変わらないとしている。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/04/17
ビジネス戦略モバイル

企業の情報化投資、タブレット、スマホ、ガラケーの導入率は約6割に GfKジャパン調べ

企業の情報化投資、タブレット、スマホ、ガラケーの導入率は約6割に GfKジャパン調べ
マーケティングリサーチ会社のGfKジャパン(東京、中野)は、企業の情報化投資の調査結果を発表した。調査によると、企業でのタブレット端末、スマートフォン(スマホ)、フィーチャーフォン(ガラケー)の導入率は約6割だった。また、「在宅勤務」などの新しい働き方の増加で、Web接続カメラの導入が増加する見込みとしている。
2017/04/13
IoT

国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査

国内M2M市場、2021年度は2000億円規模に エネルギーや流通分野がけん引 矢野経済調査
矢野経済研究所は、国内のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年度の市場規模は事業者売上高ベースで1610億円。2016年度は事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)のビジネス拡大や中堅企業の利用促進を背景に前年度比106.2%の1710億円、2021年度には2000億円に拡大すると予測している。
2017/04/11
IoT

IoT向けの国内ITサービス市場支出額、2021年には6670億円に IDCが市場予測

IoT向けの国内ITサービス市場支出額、2021年には6670億円に IDCが市場予測
IDCジャパンは、IoT(モノのインターネット)向けの国内ITサービス市場の予測を発表した。調査によると、2016年の支出額は前年比96.9%増の548億円で、2016~2021年の年間平均成長率は64.8%となり、2021年の支出額は6670億円になる見込み。