2016/05/30
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】世界中の教師をICTで支援する チエル

「ソフトウェアシステム」と「デジタル教材」を展開できる強み

「先生の教える仕事を支える」「学生の学びを支える」を打ち出すチエルのブース

「先生の教える仕事を支える」「学生の学びを支える」を打ち出すチエルのブース

チエルは1997年、旺文社のデジタル事業子会社としてスタートした。その後、アルプス システム インテグレーション(ALSI)と統合し、社名を改めて現在に至っている。今年3月にはジャスダックへの上場も果たした。

「当社は“ソフトウェアシステム”と“デジタル教材”という2つの事業を展開しています。この両輪がそろった企業は少ない」と、村上有弘・マーケティング部部長は胸を張る。

チエルは、政府の進める2020年度に向けた教育の情報化政策に沿って、ICTを活用した、さまざまな製品を展開しているという。その中で注目なのが、7月に発売するタブレット対応教務支援システム「らくらく先生スイートVer.2」だ。保存

学校関係者が訪れ説明を求める

学校関係者が訪れ説明を求める

らくらく先生スイートは「らくらく教材ナビ」「らくらく座席表評価」「らくらく授業計画」「らくらく授業支援」の4つのシステムで構成するタブレット対応の教務支援システム。教師の業務負荷を軽減できるという。

「例えば、先生は、『この授業に使う教材はどれ?』と悩むことが多い。そこで、らくらく先生スイートの『らくらく教材ナビ』を使えば、即座に教材を見つけられるようになる」と、村上部長は説明する。

学校現場にアナログ媒体を配布できるのも強み

チエルでは「そこは旺文社で培った」(村上部長)というノウハウを生かし、学校向けに雑誌風の小冊子も作成。それが「学校現場のICT活性化マガジン」と題した「CHIeru Magazine」だ。

これは片側から読み進めると読み物、逆から開くとチエル製品のカタログという紙面で構成。小中学向けと高校大学向け2種類を用意し、「全国の教育委員会、学校の先生に1万3千部ほど配布している」(同)という。小中学校版は東北大学の堀田龍也教授が監修。「内容の一部は研修資料に使われている」(同)という。学校というクローズドな社会にこうした媒体を配布するのは効果的といえるだろう。

村上有弘・チエル マーケティング部部長

村上有弘・チエル マーケティング部部長

学校のICT教育支援にワンストップで対応

チエルのブースは、「小・中ゾーン」「高・大ゾーン」に別れており、「小・中ゾーン」では、「らくらく先生スイート」をはじめとしたタブレット対応の製品を中心に展示。「高・大ゾーン」では、アクティブラーニング型授業を支援するシステムヤグローバル人材育成に必要な英語力を強化するスマートフォン対応の語学学習支援プラットフォームなどを展示していた。

「我々は、学校のICT教育を支援することに特化した会社だと自負している。ワンストップで対応できる体制があり、2020年に向けた国の整備計画に合わせて、ICT製品を提供していく。ぜひ世界中の先生をICTで支援したい」と、村上部長は意気込んでいる。


チエル株式会社
http://www.chieru.co.jp/


バックナンバー

編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場

【教育ITソリューションEXPO】国も推進、動き出した巨大なICT市場 2016年5月17~19日に開催された「第7回 教育ITソリューションEXPO」。教育という分野に、これまで以上にICT業界全体が関わって行くことが国の方針で明確になったことで、新たなビジネスチャンスをつかもうとする企業と、教育のIT化に関心を持つ関係者などの来場者で会場は熱気に包まれていた。ジョーシスでは注目のブースを取材。順次レポートしていく。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】世界中の教師をICTで支援する チエル

【教育ITソリューションEXPO】世界中の教師をICTで支援する チエル 「先生の教える仕事を支える」「学生の学びを支える」というメッセージが目を引いたのがチエルのブースだ。旺文社を源流とする同社は、ICT教育支援に特化した企業。「学校」という世界を知り尽くしているのが1つの強みとなっている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】使い勝手を重視した新型書画カメラ エルモ社

【教育ITソリューションEXPO】使い勝手を重視した新型書画カメラ エルモ社 「次世代書画(しょが)カメラ」の展示が眼を引いたのがエルモのブースだ。「書画カメラ」を知っている人は少ないかも知れない。しかし、実は教育現場では重要な機器で、国の方針では電子黒板とともに各学級に1台を設置するという目標が示されている。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】子どもを飽きさせないeラーニング すららネット

【教育ITソリューションEXPO】子どもを飽きさせないeラーニング すららネット eラーニング関連ゾーンで特徴あるアニメ教材を展示していたのが、すららネットのブースだ。同社は対話型のデジタル教材「すらら」を展開している企業だ。アニメのようなキャラクター、対話型のコンテンツが、子ども達への教育にどんな効果を発揮するのだろうか?
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】学校セキュリティ対策を支援 安川情報システム

【教育ITソリューションEXPO】学校セキュリティ対策を支援 安川情報システム これからの学校では情報セキュリティ強化も大きな課題だ。教育ITソリューションEXPOでは関連企業の出展も目立つ。その中で安川情報システムは、従来提供していた学校向けセキュリティ・サーバーの機能をさらに強化し、「NetSHAKER W-NAC(ダブルナック)」として展示。あわせて情報モラル教育支援ソフト「事例で学ぶNetモラル」を紹介していた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】「かたまり」で読む速読法をアピール SRJ

【教育ITソリューションEXPO】「かたまり」で読む速読法をアピール SRJ 「みんなの速読」というロゴも鮮やかだったSRJのブース。展示会でアピールしていたのが「速読」だ。同社によると、我々が普通に読んでいるスピードより、さらに速く読めて学習効果が高いメソッドがあるという。その速読方法について聞いた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】米Newline社のICT教育製品を展開 フォースメディア

【教育ITソリューションEXPO】米Newline社のICT教育製品を展開 フォースメディア 日本のICT教育に関する取り組みは世界の中で大きく後れを取っており、国は急ピッチで教育現場のICT化を推進している。そんな中、2015年から米国のICT教育機器メーカー、Newline(ニューライン)社の販売代理を行うフォースメディアのブースが眼を引いた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】遊びながら知能が育つタブレット ユニティ

【教育ITソリューションEXPO】遊びながら知能が育つタブレット ユニティ 展示会で「遊びながら学ぶ」というメッセージを多く見かける中、「あそんでまなぶ!タブレット」という製品を展示していたのがユニティだ。同社は2003年にインターネットの有害サイトをフィルタリングする家庭用サーバーの開発を目的に設立された。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】ユニークなアイデアがキラリと光る企業

【教育ITソリューションEXPO】ユニークなアイデアがキラリと光る企業 今回のEXPOでは、大手企業や有名教育企業だけではなく、アイデアや強みを活かした企業も数多く出展していた。ここでは、一風変わったソフトを手がける会社や電子実験キットの会社、楽譜管理ソフトの会社の3社を紹介する。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】教育版レゴで楽しい研修や「まなび」を実現 アフレル

【教育ITソリューションEXPO】教育版レゴで楽しい研修や「まなび」を実現 アフレル 「教育ITソリューションEXPO」の別会場に併設された「学びNEXT」。先端テクノロジーによる“みらいの学び”が、おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかさで展示されていた。その中で目を引いたのが、アフレルが出展したレゴのカラフルな教育システムだ。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】日本最大級のロボット教室を展開 ヒューマンアカデミー

【教育ITソリューションEXPO】日本最大級のロボット教室を展開 ヒューマンアカデミー 教育事業の大手であるヒューマンアカデミー。同社はロボットクリエーター高橋智隆氏をアドバイザーに迎え「ヒューマンアカデミー ロボット教室」を全国展開している。ロボット市場の拡大や理工系人材の育成が注目される中、「学びNEXT」の同社ブースでは、さまざまなロボットが並び来場客を引きつけていた。
編集部おすすめデジタル機器全般

【教育ITソリューションEXPO】遊び心を込めたプログラム教材 ワイズインテグレーション

【教育ITソリューションEXPO】遊び心を込めたプログラム教材 ワイズインテグレーション 「学びNEXT」の中で目立っていたのが、ワイズインテグレーションのブース。段ボール製のロボットがそろって踊る展示で来場者の注目を集めていた。同社は「ソビーゴ」のブランド名で子ども用のロボット・プログラミング教材を展開している。
ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中