2017/07/13
業務システムクラウド

レノボ、データセンター向けシステムで2つの新ブランド発表 既存製品を統合し拡販へ

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、データセンター(DC)や中堅企業(SMB)向けのサーバーやストレージ製品の新ブランド「ThinkSystem(シンクシステム)」と「ThinkAgile(シンクアジャイル)」を発表した。これまで別々に展開していた製品を統一し、営業効率を高め、販売の拡大につなげる。

LESが発表した2つの新ブランド

LESが発表した2つの新ブランド

ThinkSystemは、データセンター向けに販売するハードウエアの新ブランド。ブランドの投入に併せて、タワー型、2U、1Uラック型、ハイエンドなどのサーバー、フラッシュメモリやSASなどのストレージ、100Gのイーサネットなど、20種類以上の新製品をランアップした。また、既存のx86サーバー「System x」や「ThinkServer」、ストレージ製品、ネットワーク製品も新ブランドに組み込んだ。

ThinkSystemのラインアップ

ThinkSystemのラインアップ

一方、ThinkAgileは、サーバーにコンバージドインフラストラクチャ(HCI)やハイブリッドクラウド用のソフトウエアを組み込んだ「ソフトウェア・ディファインド」と呼ばれるハードウエアの新ブランド。今回、新製品としてマイクロソフトのプライベートクラウド基盤ソフト「Azure Stack」搭載モデルを発売する。また、ニュータニックスのHCIを搭載した「HX Series」と、SDS(ソフトウェア・ディファインド・ストレージ)の「DX Series」を新ブランドに統合した。

ThinkAgileのラインアップ

ThinkAgileのラインアップ

また、サーバー管理ソフトウエア「XClarity」も刷新し、2つの新ブランドの製品の導入・運用・更新を行う統合管理ツールに位置づけた。

留目真伸・レノボ・ジャパン社長(左)と、ロバート・スチーブンソン・レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ社長

留目真伸・レノボ・ジャパン社長(左)と、ロバート・スチーブンソン・レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ社長

LESでは新ブラントについての発表会を開催。会見には留目真伸・レノボ・ジャパン社長と、LESの社長に就任したロバート・スチーブンソン氏が出席した。

留目真伸・レノボ・ジャパン社長

留目真伸・レノボ・ジャパン社長

留目レノボ・ジャパン社長はレノボの今後の戦略として「3-Wave Strategy(3つの波戦略)」を紹介し、その1つであるインフラ提供でDC事業の強化を強調。「DC事業は重要な位置を占める。PCやタブレット、グループ会社のモトローラが行うモバイルなどのデバイスは拡張しており、こうしたデバイス事業合わせて一体化して行っていく。また、新しいリーダー(スチーブンソン・LES社長)の下で専門性を高めていく」と語った。

ロバート・スチーブンソン・レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ社長

ロバート・スチーブンソン・レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ社長

一方、スチーブンソンLES社長は、ITシステム市場について「今後、パブリッククラウドの普及などで、2020年には従来型ストレージなどの『レガシーIT』が占める割合が20%まで低下し、仮想化やHCIといった『ニューIT』が40%、パブリッククラウドやAI(人工知能)などで利用される高性能コンピューター『ハイパースケール』が40%を占めるようになる」と話した。

スチーブンソンLES社長が説明した市場動向とレノボの戦略

スチーブンソンLES社長が説明した市場動向とレノボの戦略

この市場予測を踏まえて、「レノボではレガシーITは業界で最高水準のx86サーバーとコストの安いSDS、ニューITはクラウド環境の普及をにらんだHCIシステムの拡充、ハイパースケールでは、コスト競争力のある高性能コンピューターに特化して提供していく」と戦略を語った。また、「新ブランドを通じて、DC向け事業で国内のトップを目指す」と意気込みを述べた。

ジョーシス編集部

「情シスライフをもっと楽しく!もっと幸せに!」をコンセプトに「情報システム部門=情シス」で働く人たちの生活全般を応援するユニークな記事やコラム、ニュースを発信する情報サイトです。

コメント欄を読み込み中

同じカテゴリの記事

2017/07/14
ネットワーク・サーバー

デルとEMC、最新サーバー「PowerEdge」を発表 拡張性や運用管理、セキュリティを強化

デルとEMC、最新サーバー「PowerEdge」を発表 拡張性や運用管理、セキュリティを強化
デルとEMCジャパンは、新型サーバー「PowerEdge(パワーエッジ)」を発表した。インテルのサーバー向け新型CPU「Xeon」を搭載し、使用用途に応じた最適な機能・拡張性と運用管理の自動化、セキュリティを強化したのが特長。7機種を用意し、7月13日から順次発売を開始した。
2017/07/11
モバイル

富士通、ハンドソープで洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」発売 シニア向けにUIも工夫

富士通、ハンドソープで洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」発売 シニア向けにUIも工夫
富士通コネクテッドテクノロジーズは、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)「arrows M04」を発表した。家電量販店やMVNO(仮想移動体通信事業者)を通じて7月20日から発売される。本体を洗うことができるほか高い堅牢性などを備えているのが特長。価格はオープン。量販店での店頭予想価格は4万円程度になる見込み。
2017/07/06
デジタル機器全般

パナソニック、頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」で12型液晶ハイエンドモデル 登山家 野口健氏も絶賛

パナソニック、頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」で12型液晶ハイエンドモデル 登山家 野口健氏も絶賛
パナソニックは、過酷な現場環境でも使える法人向けノートPC「TOUGHBOOK(タフブック)」の新製品「CF-33」を9月下旬に発売すると発表した。タブレットとしても使用できるデタッチャブル(着脱式)で従来製品よりも薄型・軽量化を図ったのが特長。価格はオープン。パナソニックの直販サイトでの価格は43万6200円(税別)から。